書道家・河内君平の日記
 
<< 2013/10/08(火)【翠亭の書〜村上翠亭個展〜】 | main | 2013/10/10(木)大宮光陵高等学校で授業 >>
2013/10/09(水)王学仲先生ご逝去

本日の毎日新聞朝刊訃報蘭に王学仲先生のお名前が掲載された。

 

「王学仲さん88歳(おう・がくちゅう=中国の画家、書家)中国の天津大学などによると、8日、病気のため天津市内の病院で死去。山東省生まれ。中央美術学院などで学び、53年に天津大で教職に就いた。80年代に筑波大学客員教授として日本に滞在した。日本で個展、天津大で日中交流展を開催。中国書法家協会顧問、中国文学芸術連合会名誉委員も務めた。【共同】」

 

友人の喩建十教授(天津美術学院中国画系)から聞いたところによれば、昨日108日朝7時、肺炎により天津武装警察総隊医院でご逝去とのこと。また遺言で、葬儀、追悼会(偲ぶ会)など一切行わないとのことである。

 

とは言え、今井凌雪先生と王学仲先生との生前の厚誼、友情を知る雪心会としては、せめて弔文を届けたいと願い、先ずは喩教授に弔文を頼み、「天津大学王学仲芸術研究所」宛て明日届けて頂く予定である。

 

 

天津大学王学仲艺术研究所

    惊悉王学仲先生因病医治无效仙逝,悲痛万分!向王学仲先生的达我深切的慰

    王学仲先生的去世不法界的一个重大,也是日中文化交流的一个重大失。我们为此感到深深的憾与惋惜。

自上世80年代以来,今井凌雪先生与王学仲先生的相相交,日中法事展呕心血,不余力地做出了有目共睹的突出献。然如今他先后离开我,但是,雪心会全体成要将所开的日中法文化交流事业继续发扬光大为进一步促进书艺术而努力。

王学仲先生千古!

 

日本研究雪心会全体同仁敬悼

2013-10-9

【2013.10.09 Wednesday 22:59】 author : kunpei
| 日記 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
王学仲文人書画大師、教授のご逝去に対し、謹んで哀悼の意を表します。
教授は日本での芸術活動を通して、日中友好の架け橋となった芸術家であり、
教授の足跡は、日本東京上野駅の巨大な陶板壁画を始めとして様々な形で残されています。
このような大芸術家を失ったことは非常に残念なことではありますが、教授の作品は
永遠の財産として、人々に受け継がれていくことでしょう。

王学仲教授の外国での展覧会としては、2010年日中友好芸術協会主催
「王学仲教授書画作品展」が最後になりましたが、大きな反響がありました。
大芸術家の展覧会に寄与できましたことを有難く思います。
日中友好芸術会員及び日中友好藝術協会主催水墨画交流会、水墨彩画教室
一同ご冥福をお祈りします。

日中友好芸術協会会長:  陳 蘭 
理事長: 辻 勝久
日本東京都三鷹市美術連盟会長:伊藤正一  他
| 日中友好芸術協会 | 2013/10/10 12:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kawachi.done-labo.com/trackback/1024258
トラックバック