書道家・河内君平の日記
 
<< 2013/12/16(月)1987年カラヤン指揮ニューヨークコンサート録画 | main | 2013/12/18(水)「金石書学」18号拝受 >>
2013/12/17(火)宋代の鏡の銘文

昨年、突然ある方からメールで依頼されて、宋代の鏡の銘文を読んだ。その銘文を収録する豪華本が研究室宛に届いた。送り主は、本の発行者でもある「株式会社千石」代表取締役、千石唯司氏である。この方のコレクションのようである。「むかって右=縣輿、むかって左=陰陽真幻。とりあえず解読しましたが、縣輿は自信がありません。」と返信し、記名も謝礼もお断りした。本書の献本は解読したことに対するお礼であるが、あまりの豪華本に手にして絶句した。書道学科史料室に献本したので興味ある方はご覧頂きたい。なお「株式会社千石」をWEB検索したところ、社長挨拶に「兵庫県の真ん中、加西の地でプレス加工業からスタートし、様々なお取引様からの製造委託を受けながら技術力・製造力を高め、現在では家庭用電化製品/石油暖房機器/ガス調理・暖房機など各エネルギーを活用した幅広い製品を企画・開発から製造・販売まで一貫して行うまでになりました。」とある。中国の古代の鏡に魅せられたのは何故だろうか。今度機会があったら尋ねてみたいものである。

「株式会社千石」URL

http://www.sengokujp.co.jp/index.html

【2013.12.19 Thursday 22:38】 author : kunpei
| 日記 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
河内先生
その節は、お世話になりました。
一番の難関で、しかも何方に相談してよいかもわからず、
困っておりました。
先生に読んでもらい、本当に助かりました。
改めて御礼申し上げます。

鏡は全て兵庫県に寄贈されることとなりました。
数年後には、一般公開される予定です。
機会がございましたら、ぜひ実物もご覧ください。
| 「ある方 」です。 | 2014/09/03 3:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kawachi.done-labo.com/trackback/1024330
トラックバック