書道家・河内君平の日記
 
2015/11/12(木)〜11/26(木)新王朝刻石と北朝摩崖刻経

1114日(土)13時〜18時、大東文化大学書道研究所主催「中国書道伝習塾:南北朝時代の書と文化〜新王朝刻石と北朝摩崖刻経〜」講義・鑑賞・実技という超スペシャル授業を実施した(鑑賞した拓本は全て居之安斎蔵)。

【新王朝の摩崖】

江蘇省連雲港市≪連島馬蘇湾界域刻石≫AD11(新・始建国四年)

江蘇省連雲港市≪連島羊窩頭界域刻石≫(ほぼ上記と同時期と考えられる)

【北周の摩崖刻経】

≪鉄山摩崖刻経≫「青跨羲誕,妙越英繇,如龍蟠霧,似鳳騰霄。」579(大象元年)

经书艺术的高度赞扬:“青跨羲,妙越英繇,如,似凤腾霄……”。意指其可与“圣”王羲之、韦诞伯英、繇媲美。以文中“寻师宝翰”、“敢辑遗训”之句分析,文的作者当系安道壹的弟子。

≪崗山摩崖刻経≫580(大象二年)三種

山摩崖刻亦称“小山摩崖刻”、“匡”。位于城区北山之阳一45度的巨大花岩石坪上。刻石南北66.2米,西16.4米,面1085.68平方米。刻石正上方有阴线刻巨、云气、佛光案。佛光下字,右刻佛教《大集》左刻《文》,文下部刻《名》。
  《大集》部分,南北3355米,西12米。文共17行,940字。由于年深日久,化剥能辨795字。文内容佛教《大集·穿菩提品》,排列整,行距余痢こΤ弊筋髻ぐ貳每字在4060厘米,最大者78厘米,最小者30厘米。字体以隶主,然篆楷意味亦,又行草。用笔以圆为主,个笔画以方笔。被誉“通隶楷、大字鼻祖、榜之宗”。
  《文》部分,上篆刻“石2个大字,各近1方。今“石”字仍完整,“”字有“公”旁可辨,“”已残缺不清。2行,614字,已残177字,存437字。每字径22厘米左右。有对铁山摩崖的位置、地理境的述:“瑕丘南大山南之阳,前峨峨,后瞻岱岩巍巍,左昌岩,右临车驿……”;有对铁山刻经经主西丞相匡衡的后代匡在北周大象元年(579)大沙僧安道壹写《大集·穿菩提品》的述;有对经文周刻画的祥瑞象的述:“六,口五彩之云,双下蟠,甲之路”;经书艺术的高度赞扬:“青跨羲,妙越英繇,如,似凤腾霄……”。意指其可与“圣”王羲之、韦诞伯英、繇媲美。以文中“寻师宝翰”、“敢辑遗训”之句分析,文的作者当系安道壹的弟子。
  《名》部分,在文下部,原1068字,644字,其余424字于1960年因采石掉。《邹县续志·金石志》及清代拓片,|任城郡|功曹南平阳|功曹大都|郡李巨敖|宁朔将大都督任城|郡守明清文人研究会編/内山知也監修『唐寅』(白帝社、20151115日発行)がこのほどようやく出版できた。『傅山』『鄭板橋』『徐文長』に継ぐ4冊目である。『徐文長』の発行が2009420日なので6年半経過したことになる。監修者の内山先生(筑波大学名誉教授・大東文化大学元教授)は、本書執筆者(荒井礼・荒井雄三・有澤晶子・河内利治・小塚由博・佐藤敦子・谷口匡・村田和弘・鷲野正明)がそれぞれ各大学等で論文指導を賜ってきた恩師である。恩師の卒寿に際し、本書を刊行できたことを何よりの多としたい。是非とも一冊手に取ってご叱正ご教示願えれば幸いである。

 

2日(月)大学は1日から3日まで学園祭期間だが午後から学部長会議が開催される 3日(火)書道部の「パフォーマンス書道」を顧問として観賞 4日(水)学園祭の後片付けで全学休講だが修士論文ならびに博士論文の指導を行う 5日(木)大学院MC/DC授業2コマ 6日(金)理事長・学長・文学部将来構想委員会の協議 7日(土)書道教室二か所で指導 8日(日)「改組新第2回日展」入選拙作参観・「第5回月歩展」参観・恩師内山知也先生卒寿祝賀懇親会&明清文人研究会編『唐寅』白帝社出版記念会 9日(月)3/4年ゼミ2コマ・主任会議・教授会(4時間半)・自主ゼミ 10日(火)校務処理(昨日の教授会決定事項整理)のため出校 11日(水)大東文化大学主催『学長対談:学ぶ力、創造する力―教育を紐とく―』大東文化大学学長大田政男&東京藝術大學学長宮田亮平(大東文化会館)聴講

【2015.11.11 Wednesday 09:13】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/10/29(木)〜11/1(日)NTUA’s 60th Anniversary Celebration Itinerary
国立台湾芸術大学創立60周年記念式典に大東文化大学の代表(学長代理)として渡航する。予定(920日段階)を書いておきたい。

 

2015.10.29(木)羽田08:35JAL097)⇒台北松山11:40

09:00-18:30 Arrival & airport pickups 空港到着

(Airport pickup service will be scheduled for 10:00, 13:00, 16:00)

19:00-21:00 Dinner 夕食

21:00 Back to United hotel 国聯大飯店へ

 

2015.10.30(金)

08:00-09:00 Breakfast 朝食

09:00-12:00 Cultural & Creative Industry Tour 観光

12:00-13:30 Lunch 昼食

14:00-17:00 Conference on Arts Education 藝術教育会議

17:30-19:00 Dinner 夕食

19:30-21:30 NTUA’s 60th Anniversary Gala  60周年記念祭

21:30 Back to hotel ホテルへ

 

2015.10.31(土)

08:30-09:30 Breakfast 朝食

10:00-12:00 NTUA’s 60th Anniversary Commemorative Ceremony 60周年記念式典

12:00-13:30 Lunch 昼食

14:00-18:00 NTUA Arts Festival 台湾芸大芸術祭

18:00-19:30 Dinner 夕食

19:30 Back to hotel ホテルへ

 

2015.11.1(日)台北松山15:30JAL098)⇒羽田19:15

07:30-08:30 Breakfast

08:30-09:00 Hotel Check-out

09:00-12:00 National Palace Museum / Taipei Fine Arts Museum

12:00-14:00 Lunch

14:00-16:00 Leaving Taiwan

【2015.10.28 Wednesday 21:17】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/10/19(月)〜10/28(水)唐太宗皇帝書『温泉銘』実技指導

大東文化大学書道研究所では、日中書法伝習塾という社会人対象の書道実技と講義のプログラムを展開している。その実技の授業を1024日(土)にピンチヒッターで行った(受講者19名)。敦煌文書の一つとして、フランス国立図書館が収蔵している、唐太宗皇帝の書『温泉銘』拓本の複製(毎日書道会制作)と、比田井天来先生の臨書を突き合わせて、180分間「臨書」の練習をしていただいた。授業終了の挨拶を申し上げると、自然に感謝の拍手をいただいた。こちらこそお礼申し上げたい。

 

19日(月)1時間目は9:10開始なのだが、20分繰り上げて8:50から9:25まで4年ゼミで、卒論研究発表1名を指導した/9:30特別研究費会議(学部長指定)/10:55から3年ゼミ(卒論構想発表2名)/12:30入試委員会/14:00学部長会議/16:00大学評議会/18:3021:00自主ゼミ  20日(火)昨日の学部長会議の議案などを学部に報告する文書を作成するために出校  21日(水)常務審議会  22日(木)大学院MC/DC授業2コマ  23日(金)科学出版社(東京)主催『王羲之王獻之書法全集(全18巻)』出版記念懇親会  24日(土)書道研究所主催「平成27年度日中書法伝習塾:行草書法―唐代の「法」に息づく書法〜唐太宗皇帝『温泉銘』」で講師を務める/書道教室指導  25日(日)白帝社『唐寅』三校責了  26日(月)合同ゼミ卒業制作中間発表会/文学部将来構想委員会  27日(火)台湾より来日した林錦濤君の博士論文指導/私の科学研究費会議  28日(水)理事会/林錦濤君の博士論文指導

【2015.10.28 Wednesday 21:15】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/10/05(月)〜10/18(日)walk2015参加

秋晴れの気持ち良い日差しのもと、大学から板橋区内を歩いて周遊する「walk2015」に参加した。実はこの全学を挙げてのwalkに今まで参加しなかったのであるが、学年暦の関係で来年度からwalkが無くなるということを知り、最後だから参加しようと決めた。17.5キロを3時間50分、70番でゴールした(参加者950人)。とても一人では歩けないと思い、書道学専攻MC2年で留学生の鄭緯さんと一緒に色々話しながら歩いた。このwalkを準備から運営(31か所に案内役)に当たってくださった職員の皆様に、心より感謝申し上げたい。記念品のTシャツとフェイスタオルは、とてもお洒落なデザインでした。写真をFBの方にアップしたので、興味ある方はそちらをご覧いただきたい。

コース(〜ゥ船Д奪ポイント):受付(朝食用のパンと飲み物とマップを配布)〜10時大学スタート〜区立郷土資料館〜B臈貶顕渋膤愽軋粟超様鎮娜燹覆弁当配布)〜徳丸ケ原公園(動物園)〜荒川土手〜け州堂(最中配布)〜見次公園(トイレ・昼食)〜ト超橋菠刃存園(飲み物・お菓子配布)〜大学ゴール〜最後に豚汁の食事付き

以下、書作後の落款や手紙などに書く場合に有用な呼称を貼り付けておく。

出典―法人必藏:法常用 2015-10-15 思两周年 法思考


长辈:吾,道,学,先生,女士(小姐)

(或小一):兄,弟,仁兄,尊兄,大兄,(),学兄(),道兄,道友,学友,方家,先生,小姐,法家(对书画或某一方面有专长之称)

关系较亲密:学()弟,吾兄()

师对学生:学()弟,学()棣,契,

同学: ,学兄,同窗,同,同席


雅属,雅,雅正,雅,雅,雅教,雅存,珍存,惠存,清,清,清品,清属,清,清正,清及,清教,清玩,可,正,敲正,惠正,正,斧正,法正,法,博,尊肠鉴,法教,博教,大教,大雅,壁,糊壁,是正,教正,正,察正,正,两正,就正,即正,指正,指之,正之,哂正,笑正,教之,正腕,正,存念,属粲,一粲,粲正,一笑,笑笑,笑存,笑,属,,玩


款用:敬,拜谨书首,嘱,醉,醉笔,漫笔,戏书节临,笔,写,,篆

 款用:敬衵,敬,特,画祝,写祝,写奉,首,,,并戏题题识句,敬题记谨记,并,跋,跋,拜,并,自题赞,自嘲,手笔,随笔,墨,漫涂,率,画,写,写,敬写,仿

篆刻款用:刻作,,制,治石,篆刻


5日(月)3/4年ゼミ2コマ(2年生ゼミ見学)・1315学部長会議(4時間)・自主ゼミ  6日(火)前日の学部長会議の文学部教授会への報告文作成(終日)  7日(水)眼科・鍼灸・『唐寅』再校  8日(木)MC/DC演習2コマ  9日(金)『唐寅』再校/16時理事長・学長・文学部長三者協議(45分)  10日(土)書道教室2か所指導  11日(日)白帝社へ『唐寅』再校戻し  12日(月・祝)3/4年ゼミ2コマ・1530教授会(4時間半)・自主ゼミ  13日(火)教授会の学部回答文作成・15時全国書道展海外部門審査  14日(水)10時予算編成会議で出向・科研eラーニングを修了  15日(木)walk2015に初参加にして最終  16日(金)・17日(土)論文執筆  18日(日)入学試験(自己推薦前期・編入学)のため出向

【2015.10.17 Saturday 11:54】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/09/24(木)〜10/04(日)人生精華語録100句(続)
 63、十种健康生活方式:少食肉,晒太阳,雨中行,常唱歌,饭后息,挺起胸,静坐思,天伦乐,步当车,行善事。

64、当农民的好处:1、不用担心工伤事故;2、不担心得空调病;3、不用勾心斗角;4、不担心纪检上门;5、不用专门过周末。

65、大公无私圣人,公而忘私为贤人,先公后私为善人,先人后己为良人,公私兼顾为常人,损公肥私为罪人。

66、可以命令士兵的行动,但不能命令士兵的忠诚。

67、处顺事之境愈宜静,处逆事之境愈宜忍,处至急之事愈宜缓,处至大之事愈宜平。

68、嫦娥追求永恒的代价是永远的寂寞。

69、安详方能静观,静观方能明断,明断方能行动。

70、花生是有用的,但不是伟大的、好看的东西。人要做有用的人,不必刻意做伟大的、体面的人。

71、钱象水一样,没有一点会渴死,多了会被淹死。

72、亲情浓于血,友情淡如水,爱情甜如蜜。

73、如果把摄像头对准一个人,摄录下他的所有言行,然后再按照自己的意愿进行剪辑,任何一个人都可以成为好人或坏人。

74、昨天是一张废弃了的支票,明天是一笔尚未到期的存款,只有今天是你可以支配的现金。

75、漂亮的女人像是放在展柜里的工艺品,欣赏的人很多,但买下的人只能一个人。

76、工作就像爱人,虽然有时跟你闹矛盾,可是天天都要见面。兴趣就像情人,虽然让你激情燃烧,可是不能代替面包。

77、爱人就像粗布衣,虽然不美丽,可是能遮挡风寒。情人就像时装,感觉很美好,却不能穿出去。

78、亲人就像老棉衣,就是出痱子,依然要捂着你。友人就像晴雨衣,需要了就穿,用过后放一边。

79、社会就像鱼塘,虽然泥沙俱下,可要真是清水一潭也有点可怕。家庭就像鱼缸,需要清洗,需要换气,需要精心护理,不然就生存不下去。

80、老板就像老虎,老虎的屁股,摸不得,老虎的屁股,也不宜拍。同事就像戏友,在舞台上打打闹闹,卸了装才知道一切都很可笑。下级就像弹簧,你可以压他,但他也会顶你,你要是拉他,说不定他会退让一下。

81、沟通心灵的桥是理解,连接心灵的路是信任。

82、酸甜苦辣是生命的富有,赤橙黄绿是人生的斑斓。

83、要想工作不走样,先得头脑不走神。

84、偏爱难免,偏见不可。

85、心脏不好心眼好,气色不行气质行。

86、与天下之忧同忧,该忧则忧,莫杞人忧天;共天下之乐同乐,该乐则乐,乐而忘返。

87、谬论不足以解惑,真言却可以解忧。

88、贪心是最大的危房,良心是最好的住所。

89、精神操守方,思想方法圆;目标志向方,行动决策圆;严以律己方,宽以待人圆。

90、维纳斯在乐观主义者眼里是美丽的,在悲观主义者眼里是残疾的,在现实主义者眼里是美丽且残疾的。

91、人要靠本事和本分起家。

92、生活中没有参照物的人,可怜;选错参照物的人,可悲。

93、岂能尽如人意,但求无愧我心。

94、不求事事公平,但求出以公心。

95、做好第一次并不难,难的是做好每一次。

96、思念折腾人,也锻炼人,更锻造人的性格的沉稳和感情的深沉。思念别人是一种温馨,被人思念是一种幸福。

97、爱情之酒,两个人喝是甘露,三个人喝是酸醋,随便喝便会中毒。

98、背对太阳,阴影一片;迎着太阳,霞光万丈。

99、勇者,脚下都是路;智者,知道走哪一条路最好。

100、无过是一种假想,思过是一种成熟,改过是一种美。


24日(木)大学学務課主催講演「科研費取得に向けて」  25日(金)教授会打ち合わせのため出向  26日(土)市川の高島先生のお宅を訪問し個人コレクション鑑賞  27日(日)・大東書道学会秋季研修(円覚寺・建長寺・鎌倉国宝館・鶴岡八幡宮)・明清文人研究会『唐寅』出版編集会議  28日(月)卒論中間発表会(途中退席して大学特別研究費の会議)・主任会議・教授会(4時間)  29日(火)第7回科学研究費会議(河内個人基盤C)  30日(水)臨時常務審議会(15分)・理事会(4時間半)  1日(木)大学院授業2コマ  2日(金)学長と協議のため出向  3日(土)第26回書学書道史学会(國學院大學)1日目理事会・総会・研究発表2件・講演佐野光一教授「漢隷の成立」  4日(日)同前2日目研究発表7

【2015.10.04 Sunday 22:31】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/09/24(木)〜10/04(日)人生精華語録100句
 2015/09/24(木)〜10/04(日)人生精華語録100句

1、敬君子方显有,怕小人不算无能。

2、退一步天高地阔,让三分心平气和。

3、欲进步需思退步,若着手先虑放手。

4、如得意不宜重往,凡做事应有余步。

5、持黄金为珍贵,知安乐方值千金。

6、事临头三思为妙,怒上心忍让最高。

7、切勿贪意外之财,知足者人心常乐。

8、结婚,只是一个开始,而不是终点,有可能是烦恼的开始,也有可能是幸福的开始。

9、在冬天的餐桌上谈论春天的花朵,是奢侈;在春天的花园里幻想秋的落叶,是无情。

10、宽容是送给他人的最好礼物,如果把它留给自己,那就是堕落的开始。

11、树叶得势时趾高气扬,失意时威风扫地。

12、历史的标点全是问号,历史的幕后全是惊叹号。

13、官廉首要的是不贪,不腐,不昏;民廉首要的是不贿,不媚,不借官光,不趋炎附势。

14、一官之廉,十吏效之,百民随之。一官之腐,百吏必从之,千民必附之。

15、饭桌上批孩子,大人伤神,孩子伤胃,全家伤心。

16、年轻人以为教育可以取代经验,年长者以为经验可以取代教育。

17、学习不能超前,更不能速成,否则,孩子无童年,青年无青春,中年无乐趣,老年无安闲。

18、打开帐本,满篇是人吃。

19、牛皮越吹越大,本事越来越少;脾气越来越大,才气越来越少;胆量越来越大,度量越来越少;玩劲越来越大,干劲越来越少;权力越来越大,威信越来越小;架子越来越大,人格越来越小。

20、通常夸一个女人漂亮;如果不漂亮,可以夸她很有气质;如果既不漂亮,又没有气质,可以夸她善良;如果都没有,就夸她健康。

21、蜘蛛:能坐享其成,靠的就是那张关系网。

22、虾:大红之日,便是大悲之时。

23、天平:谁多给一点,就偏向谁。

24、瀑布:因居高临下,才口若悬河。

25、锯子:伶牙俐齿,专做离间行为。

26、气球:只要被人一吹,便飘飘然了。

27、钟表:可以回到起点,却已不是昨天。

28、核桃:没有华丽的外表,却有充实的大脑。

29、指南针:思想稳定,东西再好也不被诱惑。

30、花瓶:外表再漂亮,也掩不住内心的空虚。

31、看上一个人要一分钟,喜欢一个人要一个小时,爱上一个人要一天,忘掉一个人要一辈子。

32、机会是一个区别英雄与狗熊的台阶,上一步什么都是,下一步什么都不是。

33、夫妻俩过日子要像一双筷子:一是谁也离不开谁;二是什么酸甜苦辣都能一起尝。

34、男人的年龄由自己来感觉,女人的年龄由别人来感觉。

35、低调与高标的统一,平凡与不俗的统一,这是朴实的人生,也是厚重而辉煌的人生。

36、总盯着了不起的过去,就不会有了不起的将来。

37、挥不去的是记忆,留不住的是年华,拎不起的是失落,放不下的是情感,输不起的是尊严。

38、父母想念子女就像流水一样,一直在流;而子女想念父母就像风吹树叶,风吹一下,就动一下,风不吹,就不动。

39、因为电话,信笺少了;因为时尚,布料少了;因为空调,汗水少了;因为应酬,亲情少了;因为宴会,食欲少了;因为竞争,悠闲少了……

40、说话的三条底线:一、力图说真话;二、不能说真话,则保持沉默;三、无权保持沉默而不得不说假话时,不应伤害他人。

41、凡是小事都要大声说,凡是大事都要小声说。

42、最怕的不是商品有假,而是商品有毒。最怕的不是有人犯法,而是执法犯法。

43、权力是暂时的,财产是后人的,健康是自己的,关系是重要的,友情是珍贵的。

44、在朋友基础上做生意,那朋友就会失去。在生意的基础上交朋友,那会没有生意做。

45、相互吹捧的是做官的人,互相看不起的是搞文艺的人,见面不说实话的人是做生意的人。

46、从自己的过失中吸取教训是聪明,从别人的过失中吸取教训是智慧。

47、让人听易,叫人服难。

48、过去毙两个地委干部全国震惊,现在毙一串省级干部大家连睫毛都懒得眨,涨价了。

49、连空气都浑浊了,两袖还能有清风吗?

50、教授越来越多,教书的越来越少;博士越来越多,博学的越来越少;恋爱的越来越多,恋学的越来越少;钻营的越来越多,钻研的越来越少。

51、遏制官员的腐化、公信的火化、社会的分化、治安的恶化、人情的淡化。

52、许多杂文是匕首,但没有开刃;是投枪,但没有枪尖。

53、想挣钱的人不少,能挣到钱的人不多。有本事的人挣钱都难,一般的人挣钱更难。

54、做事不贪大舍小,为人莫媚上欺下。

55、骨气、正气、和气,气爽神清;诚心、意心、热心,心宽体健。

56、治学要耐得住寂寞,做人须经得起风雨。

57、用工作成绩说话,则兴、则立、则吉;用说话来取代工作成绩,则败、则危、则凶。

58、真理是时间的女儿,不是权威的女儿。

59、农民以后称“绿领”———既环保又健康.

60、人活一世,亲情、友情、爱情三者缺一已为遗憾;三者缺二,实在可怜;三者全无,生不如死。

61、超过别人一点点,别人就会嫉妒你;超过别人一大截,别人就会嬖你。

62、全部可以交易的是市场,不能全部交易的是社会。

【2015.10.04 Sunday 22:27】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/09/10(木)〜09/23(水)書の効能=神・心・目・美・正・学・気・敬・礼
法原来么养人(=書は元来かくも人を育てる)」という文章を、「2015-09-18 帛堂艺术教育 帛堂艺术教育 微信号 hanbotangyishujiaoyu)功能介 提供优质艺术课程,用艺术启迪未来」に見つけたので、紹介しておきたい。 神・心・目・美・正・学・気・敬・礼の9つだとある。

1法养神(精神を育む)
《黄帝内:“静神藏,躁消亡”。法能人的心静下来, 孩子通习书法凝神静,少躁法之一不、养神之
2法养心(細やかな心を育てる)
习书法培养孩子耐心,心的素。耐心恒也,心微也。老子:“天下大事,必作于”,杜甫有曰:“始知豪放在精微”。法的起笔收笔可培养学精微的好习惯
3法养目(鑑賞眼を育てる)
法要心悟手出,耳濡目染,而察最重要。孙过庭在《书谱》中:“察之者尚精,之者似”。我尤其注重眼的察能力。
4法养美(美意識を育む)
习书法是学会欣美、发现美、造美的程。
5法养正(正しさを育む)
法培养孩子心正。柳公权说:“心正字正”,通写字提升人格。法是人心灵的心电图,即:“写好字,做好人”。
6法养学(学ぶことを育む)
们时刻培养其大孩子知道,学习书法不仅仅在学写字,在学写字的同,注重传统文化的学子史集等传统文化。
7法养气(気力を育てる)
孟子:“吾善养我浩然之气”,此气至大至也。我注重法的气息、气韵的培养,更强调“浩然之气”的培养。是一种向上的精神力量,一种吃苦耐的精神。
8法养敬(敬意の心を育む)
《弟子:“墨磨偏,心不端,字不敬,心先病”。我做学,学写字要有虔之心,敬重之心,唯敬重之心才能略其妙。
9法养礼(礼義を育む)
不知礼无以立,通一笔一画的学,我注重礼的培养。子曰:“非礼勿,非礼勿听 ,非礼勿言,非礼勿”。通习书法“克己复礼”。礼的精神在当今尤有提倡的必要。

 

10日(木)文筆(57歳誕生日) 11日(金)校務のため出向(学長と協議) 12日(土)文筆 13日(日)文筆 14日(月)学部長会議・大学評議会 15日(火)9月卒業式・書道学科通い合宿参加 16日(水)常務審議会 17日(木)大学院授業2コマ 18日(金)校務のため出向 19日(土)書道教室二か所指導 20日(日)〜23日(水・祝)シルバーウィーク四日間は文筆と書作

【2015.09.23 Wednesday 10:57】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/09/01(火)〜09/09(水)「美在其中」と「美之至也」

【原文】『周易』坤卦・文言「君子黄中通理、正位居体、美在其中、而暢於四支、發於事業、美之至也。」

【訓読】君子は黄中にして通理、正位にして体(たい)に居(お)る、美その中に在って、四支に暢(の)べ、事業に発す、美の至りなり。

【解釈】六五黄裳の解釈。黄は五行の中央、土(王夫子によれば上衣の内部)の色だから、黄中は内に「中」の徳あること。体は下体つまり下半身。君子は、あたかも黄色が四方の色、青赤白黒の中央にいながら、四方の色と脈絡を通じ、整然たる条理を保っているのと同様に、身の内に中の徳をそなえることにより、その徳おのずと周囲に貫通して条理が乱れない(黄裳の黄を布衍)。しかも君子は五という尊い位に居りながら、裳が下半身につけられるように、下にへりくだって居る(裳字を布衍)。美徳が内にあって(黄中をいいかえた)、四肢にひろがり(体に居るのいいかえ)、事業となって外にあらわれる。これこそ美の至りである。(明の何楷『周易解詁』による)〜以上、本田済著『易』朝日新聞社・新訂中国古典選pp.38-39より

 

1日(火)〜2日(水)友人たちと合宿。1日昼、名古屋駅前の「山田屋本店」というお店で初めて「味噌煮込みうどん」を食す。名鉄特急に乗って、愛知県知多郡のK先生宅にお邪魔する。2002年夏、2003年夏に二年連続で「中国美学研究会」の合宿を行った懐かしい場所である。先生宅に寄贈した「篆書易経」が懐かしい。何を書いたか、それが上記の【原文】である。伊勢湾を見渡せるお宿に一泊し疲れを癒した。  3日(木)〜4日(金)原稿執筆  5日(土)書道教室指導  6日(日)〜7日(月)書道部合宿錬成会80名参加を指導(群馬県吾妻郡嬬恋「真田屋」)  8日(火)公益財団法人斯文会「財団法人創立100年記念事業」実行委員として図録(所蔵品)作成の初会合

 

【2015.09.09 Wednesday 14:29】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2015/08/18 (水)〜08/31(月)ある学生の死
学生がクラブ活動中に亡くなった。享年19歳。夭逝である。学長名と学科名のお悔やみはあったものの、参列したアメフト部の学生諸君の心中は察するに余りある。クラブの学生諸君全員が参列していたので、亡くなった友人の遺志を継いでしっかりと練習を積んで強く成って欲しい、と一言だけ挨拶した。

 

18日(火)文学部英米文学科2年生上野遼太君が菅平でのアメフト部合宿中に逝去したため、学部長として学科主任の車に同席させていただき、秩父での18時からのお通夜に列席  19日(水)〜21日(金)原稿執筆  22日(土)栄豊斎書道教室指導  23日(日)青桐会新潟県支部総会&就職懇談会(長岡グランドホテル)に学部長として出席  24日(月)〜27日(水)原稿執筆&作品制作  28日(木)雅昌出版社のT氏と1年ぶりに再会し情報交換  29日(土)1806年創業・熱海「古屋旅館」(家族サービス)  30日(日)書道学科5期生6名とのミニ同窓会(池袋)  31日(月)第6回科学研究費会議(大学)

【2015.08.31 Monday 09:20】 author : kunpei
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |